体験談

学校終了後のクチコミ

St. George International College (SGIC)
総合評価
5
土田 唯さん
26歳
2018年~2020年
学生
授業内容・カリキュラム
5
立地や交通の便
5
スタッフの対応
5
講師の教え方
5

SGICでiTESOL・TYCP(英語教授法)コースを受講しました。

■カナダ留学/ ワーキングホリデーのきっかけは?

留学前は4年間、歯科衛生士として働きました。大好きな仕事を辞め新しいことにチャレンジしてみたくなり、もともと好きだった海外旅行と異文化にとても興味があったのでワーキングホリデーをすることを決めました。もともと学生の時に英語が苦手で、そのコンプレックスを克服したいという気持ちも今思うとあったのだと思います。

■カナダ留学/ ワーキングホリデーの目的は?

英語力向上、海外の友達を作って異文化交流する、カナダの文化を学ぶ、国内国外への旅行に沢山行く、ローカルの職場で働く、新しいチャレンジを楽しむ!

■渡航前に用意した予算は?
100万円くらい
■留学準備で苦労した事は?

もともと英語がとても苦手だったので、何から手をつけていいか分からずとりあえず本を買ったりして英語の勉強をしました。また、カナダに来るためにはエージェントを通していたため、ありがたいことにそんなに困ったことはなかったのですが、自分の仕事の引き継ぎをしたり、携帯解約、私が日本にいない間の年金や税金の管理、車を売るなどの準備をするのが大変でした。

■学校生活全体の感想

以前も他の語学学校に通っていたのですが、その時よりも先生と生徒の距離が近いのと、校内で沢山のアクティビティやイベントがあるのに驚きました。校舎全体は小さくアットホームな感じで、リラックスしながら英語の勉強に集中できるところが良いなと思いました。学校が終わった後も、会話クラスに参加することでスピーキングの勉強もできますし、月に2回ほど日本語と英語によるネイティブの方々との言語交換もあってすごく充実した生活が送れました。ディプロマコースには本当にプロフェッショナルな先生が勢揃いでどのコースを受けても満足するだろうなという感じがしました。

■通った学校の授業やカリキュラム

私はTYCP(児童英語教授法)とiTESOL(英語教授法)というの二つのコースを受けました。

TYCPでは経験豊富な先生に実用的なスキルを学ぶことができました。また、プレゼンや提出物、テストなどもしっかりカリキュラムの中に含まれているので英語の勉強としてもとても良かったです。みんなで行うプレゼン内でのアクティビティではとても明るい雰囲気で楽しみながら勉強ができました。

iTESOL ではTYCPより理論的に英語を教えるとはということを学びました。自分も英語を学んでいる一人として、とても興味深かったです。日本ではまだ取り入れられていることが少ない、英語で英語を勉強するということの有用性を見つめなおすことができました。日本で教育に関わっているもしくは教育に関わる予定がある方にはとてもお勧めのコースだと思いました。

■通った学校の立地や交通の便

駅から近くて立地がとてもよいです。ダウンタウン内にあるので、語学学校でできた友達と遊びに行くのも楽に出来ます。お昼ご飯なども近くにコンビニやスーパーがあるのでとても便利です。

■通った学校のスタッフの対応

皆さん本当にとてもフレンドリーでした。一度しか授業を受けたことがない先生方や一度も授業を受けたことない先生も気軽に話しかけてくれました。また、事務のスタッフさんもいつも明るくとても優しいです。中でも日本人カウンセラーのありささんはとても親切でみんなの人気者でした。私の受けたコースの事務担当はありささんだったようなのですが、先生もありささんの事を仕事ができて素晴らしい人だと大絶賛していました。

■通った学校の講師や教え方

私の通ったコースの先生は4年間韓国のインターナショナルスクールで実際に先生をされていたり、カナダでも中学校の先生をされていたとてもプロフェッショナルな方でした。抽象的な教え方ではなく、実用的な事を先生の経験に基づいて教えてくださるので、先生の話を聞くのがとても楽しかったです。提出物やプレゼン、テストなどがコンスタントにあるので、もちろん英語の勉強にもなります。フリークラスで教えていただいた先生もとてもプロフェッショナルで、どのコースをとっても満足できそうだなと思いました。

■どんな所で働いています/ 働いていましたか?
スターバックス、ラーメン屋、日本食屋
■仕事の感想を教えて下さい

カフェではローカルの友達ができたり国際色豊かな環境で働くことが出来たのがとても良かったです。仕事についたばかりの時は語学学校のネイティブの先生と同僚の英語が違いすぎて、これが本物のネイティブかーと戸惑い自信をなくしてしまうこともありましたが、同僚に恵まれてとても楽しく充実した生活を送るとこができました。私が勝手にに思ったことなのですが、どのくらいお客さんと英語を喋る環境かというよりどのくらい同僚と英語を話せる環境かという方が大切だなと思いました。同僚と仕事後に遊びに行ったりしながらカナダの若者カルチャーに触れると、ネイティブが使う自然な英語が身につくと思いました。

ラーメン屋さんでは同じ環境でカナダに住んでる日本人の同僚と友達になれたり、日本のカルチャーが好きなカナダ人の方々とも友達になれました。チップもあるので生活する上でとてもありがたかったです。

■学校以外で英語力を伸ばすために行っている事

教会に行って無料の英会話教室に参加する。いろんな教会でこう言ったアクティビティはされているので探せば1週間でもいろんな教会に行くことができると思います。エージェントに行って英語のクラスに参加したり、TOEICの模擬テストを受けたりしながら勉強していました。エージェントによっていいろんな種類の英語クラスがあるので、たくさん挑戦してみたらいいかもしれません。トロント大学やミートアップで行っている英語と日本語の言語交換もよかったです。一番いいのは自分の仲の良い友達を作ってその人たちといろんなところに行くことが一番スピーキングの勉強にはなったと思います。

■Activ8留学センター利用の感想

実は以前は違うエージェントを使っていたのですが、イーメイプルでアクティベイトさんの記事をみて利用してみようと思いました。初めて行った時からとても親切にしていただき、ここに来れば何かあったときも安心して頼れるなと思いました。保険や学校の情報についてもとても親切に親身になって聞いてくださったり、英会話レッスンなど沢山のアクティビティもされているので、今から来るワーキングホリデーの方々や今カナダにいらっしゃる日本人の方にもとってもおすすめのエージェントです!アクティベイトさんがなかったら、こんなに満足してワーキングホリデーを終えることができなかったのではないかなと思います。本当に大変お世話になりました。

■トロント滞在の感想

もともと広島の田舎育ちの私にとって、トロントは大都会でした。ダウンタウンに行くと色々な国から来られた多くの人々に会えますし、料理もカナディアン料理に限らず様々な国の料理が楽しめます。日本で日本人しかいない環境で育った私には異文化が混ざり合ってるトロントはとても刺激的で、魅力的でした。人種差別などもそんなにないので住みやすいと思います。また、少しノースの方へ行けば綺麗な大自然が広がっていたりして、都会に疲れてしまってもキャンプやスキーなどを楽しむことができます。さらに都会ということもあって、教会やミートアップなどでは無料の英語授業やネイティブの方々と話す機会を得ることができます。

■トロントの良い所

人が優しいと思います。カフェやお店に行ってもフレンドリーな人が多く、困ってる人を見ればすぐに話しかけてくれる人が多いです。また、1週間ごとにイベントがあったりなど暇になることが少ないと思います。一番いいと思ったのは本当に多国籍文化なので今まで触れたことのない考えや文化、食事に出会うことができます。一言にカナディアンと言ってもバックグラウンドが人によって多種多様で、新しい友達を沢山作ることができると思います。そんなトロントだからこそ人種差別もそんなに顕著ではなくみんなが協調性を持って生活しているのかもしれません。

■トロントの嫌な所

ダウンタウンの道路はとても汚いです。また、いつもは治安がいいからと安心していると時々大きな事件があったりします。それは世界中どこに住んでても同じかもしれません。

■どこへ旅行したか/旅行する予定ですか?
ヨーロッパ、キューバ、ボリビア、アメリカ、ペルー
■旅行の感想

日本から行ったら旅費だけで大変な金額になるところでもカナダからなら安くて時間もかからず行けます。私はカナダにいる間に9カ国旅行に行くことができました。日本からはダイレクトフライトがないところでもカナダから行くことで直接行けたり、ワーホリ中に旅行するのはとてもおすすめです。ワーホリが終わった後も海外旅行に行けるようにビジタービザじゃなくて学生ビザに変えました。

■これから渡航する方にメッセージ

最初は知らないことばかりで怖いし不安も沢山あると思います。ですが、とにかく外に出て友達を作ったりすれば、いつのまにか不安より楽しい気持ちが大きくなってくると思います。ワーホリに行こうかどうか迷ってる人は是非おすすめします!!日本にいると出会えない人に出会ったり、知らないことを身をもって体験したり出来たので、私自身もワーホリをして本当に良かったと思いました!

★SGICの詳しい学校情報は下記の画像をクリック♪

この学校について問い合わせてみる
上に戻る