留学

ワーホリ留学

カナダ・ワーキング・ホリデービザ (Working Holiday) とは、日本とカナダとの間の協定に基づき18歳から30歳までの人が最長1年間カナダに滞在できるビザです。
ワーキングホリデービザでの滞在中、学校へ通ったり、旅行したり、またその間の滞在資金を補う為の一定の就労が認められています。
つまり、「英語学習+カナダで働く+楽しむ=ワーキングホリデー」と、一つのビザで3役という特別なプログラムです。

英語学習

英語力の向上は語学学校で

ワーキングホリデーでカナダを訪れたなら、まずは語学学校へ通う事がオススメです。学校へ通う事で基礎英語力を身に付けるAはもちろん、友達作りにも最適な環境です。英語学習という同じ目標を持った者同士ならきっと打ち解けやすいでしょう。英語学習をスタートするにあたり、最も手軽なのがESLと呼ばれるコースを受講する事です。ESL (English as Second Language) とはその名の通り英語を母国語としない人への英語学習プログラムで、多くの学生が最初にこのプログラムを受ける事になります。トロントには約50校の語学学校があり、お客様それぞれに合った語学学校を無料でカウンセリングさせて頂きますので、お気軽に下記フォームからお問合せ下さい。

 

さっそく問い合わせてみる
 

英語力を証明するためには数値化が一番!
テストのスコアを上げてさらに自信につなげよう

TOEIC TOEIC (トーイック) とはTest of English for International Communicationの略称で世界共通のテストです。英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価します。日本では英語力を評価する際に最も認知されているテストの一つです。
TOEFL TOEFL (トーフル) とはTest of English as a Foreign Languageの略称で、大学生活や授業などの実生活でのコミュニケーションに必要な、「読む」「聞く」「話す」「書く」の4つの技能を総合的に測定します。留学生が北米の大学に入学する際に英語力の証明として受けるテストとして知られています。
IELTS IELTS (アイエルツ) とは、International English Language  Testing Systemの略称で、TOEFL同様、『聞く』『読む』『書く』『話す』の4つの能力を総合的に判定する資格試験です。カナダでは移民する際に英語力の証明としてこのIELTSを受ける必要があります。
Cambridge CAMBRIDGE (Cambridge Examination) は、世界130ヵ国以上の国々で毎年約300万人が受験しています。テストの種類が豊富で細かく分かれており、一般用英検からビジネス英検・留学用英検、法律用英検、そして子供用英検と受験者に対する様々なニーズをカバーしています。また英語の教師用資格の認定等も行っていますが、まだこのテストの日本での認知度はそれほど高くありません。

 a
1つ上の英語力を目指すなら専門コースで差をつける

北米のビジネスを学ぶ 将来カナダの企業で働きたいと思っている方、帰国後は外資系または英語に携わる仕事に就きたいという方には、Business English (ビジネス英語) がお薦めです。このプログラムでは、ビジネスレターの書き方や英語でのプレゼンテーションなど、ESLとは異なる実用英語を学ぶ事が出来ます。 学校によってはプログラム終了後のインターンシップ制度もあります。
コミュニケーション能力
を身につける
ESLの中でもListening (聞き取り) 、Conversation (会話) 、Pronunciation (発音) に重点を置いたコミュニケーション専門コースもあります。特に会話能力を伸ばしたい日本人留学生の方が、渡航後に2つ目に通う学校で受講するケースが多いです。
翻訳通訳のスキル
を身につける
日本に帰国後、多くの方は就職活動または復学される事と思います。その際必要な英語力とは、日英の翻訳力です。就職後に英語力が必要になる場合の殆どは海外の取引先とのやり取りや、日本語と英語の間での翻訳作業が中心となります。このコースは通訳・翻訳家を目指す方の為に、幅広いボキャブラリーと翻訳力を身に付ける事に重点を置いています。英語を日本語に、日本語を英語に正しく翻訳するというトレーニングを行う事で、英語力を一段階上げ、より実践的な英語力を身に付ける事が可能です。

上記にご紹介している専門コースは一部となります。専門コースにご興味がある方はお気軽にお問い合わせフォームよりお問い合わせ下さい。

学習重視の方の参考予算

費用 収入
滞在費 $1,050
$5,500
ホームステイ:1カ月 (4週間)
ルームシェア:11ヶ月 (月$500)
学費 $7,800 語学学校のESLコース:6ヶ月
食費 $1,650 自炊の場合 (月$150 × 11ヶ月)
交通費 $1,662.6 月々$138.55 (メトロパス)
携帯 $780 月$65
収入 $5,400 月$900の収入×6ヶ月の場合
合計 $13,042.6 約112万1600円 ※CAD1=86円

※上記料金はあくまでも目安となりますのでご参考までにお願い致します。(メトロパスは2019年4月現在の料金です)
a

カナダで働く

 カナダで働くメリット

  1. 現地の人とつながろう
    現地でカナダ人と知り合いになる上で最も確実な方法は、職場の同僚、もしくは、接客業ならお客さんと仲良くなる事です。語学学校では様々な国籍の人と知り合いになる事が出来ますが、クラスで地元のカナダ人となると先生のみ。貴重な時間とお金を使ってせっかくカナダに来たのですから現地の人との輪を広げたいですよね!それにはやはり仕事をする事が一番です。
  2. 視野を広げよう
    海外に出るだけでもかなり視野が広がります。だけど、せっかくだからもっと世界のことを知ってほしい。 語学学校で友達を作るのもその一つですが、海外で仕事をするという経験が世界の様々な文化を知る一番の近道と言えるでしょう。特に日本で社会人経験がある方は日本での今までの社会常識が覆される事が多々あり驚きの連続という事も。。。この経験こそが新たな物の捉え方や、新しい人生観を生み出します。
    a
  3. 教室の外で身につく英語
    実際に英語を使って仕事をするという事は、語学学校で学んだ事を実生活に生かすという事!仕事探しにはまず履歴書の作成から。
    日本の履歴書といえば決まったフォームがあり必要事項を記入していくだけですが、カナダでは白紙に一から自分で作成します。
    この履歴書作成から既に実践的な英語が始まります。履歴書が完成したら次は面接です。カナダではいかに自分をアピール出来るかがとても重要です。ここが合否の分かれ目と言っても過言ではありません。自分の長所をどうアピールするか、面接官からどんな質問が来ても落ち着いて答えられるよう、
    しっかりと準備する事でより自然な英語を使えるようになります。また、面接で大切なのが北米の文化を知っておく事。男性であれば、握手の際にしっかりと相手の手を握る事!学歴が無い、またはアクセントの強い英語でも、この握手で採用されるケースも実はよくあります。さらに、面接中はしっかりアイコンタクトを取る事も大事です。なぜならアイコンタクトは相手の話を聞いているサインとなり相手に良い印象を与えます。面接に受かり仕事が決まれば自信につながり、さらに自然な会話を身につけるチャンスがたくさんあります。
    a

お仕事重視な方の参考予算

費用 収入
滞在費 $1,050
$5,500
ホームステイ:1カ月 (4週間)
ルームシェア:11ヶ月 (月$500)
学費 $2,600 語学学校のESLコース:2ヶ月
食費 $1,650 自炊の場合 (月$150 × 11ヶ月)
交通費 $1,662.6 月々$138.55 (メトロパス)
携帯 $780 月$65
収入 $10,000 $1,000×10ヶ月 = $10,000
合計 $3242.6 約27万8800円 ※CAD$1=86円

※上記料金はあくまでも目安となりますのでご参考までにお願い致します。(メトロパスは2019年4月現在の料金です)

楽しむ

留学生活の楽しみ方はさまざま!あなた流の留学生活を謳歌しよう!

  1. 異文化交流
    「人種のモザイク」と言われるようにカナダは世界中様々な国からの移民が住んでいる国として知られています。そんなカナダでもとりわけトロントは多種多様の民族、文化が混在するマルチカルチャー都市です。トロントにはチャイナタウンを筆頭に、リトルイタリー、コリアンタウン、ギリシャ人街等々のエスニックタウンが沢山あり、一歩足を踏み入れるだけで違う国に来たような感覚になります。
    〇〇系カナディアンという、カナダに移民してはいるが元々の出身国がカナダではないというバックグラウンドの方がかなり多いのがトロントの特徴でもあります。食文化のみならず、ファッションやその国の流行など、日本では想像できないくらいの異文化体験をすることが出来ます。
    a
  2. カナダで旅行
    ワーキングホリデービザをフル活用するにあたり、カナダ国内旅行は外せません。世界第2位という広い国土を持ち、自然と都市、また古い歴史と新しいカルチャーが共存する魅力的な観光地を多く有するカナダを旅行する事はワーホリでのカナダ滞在で重要な要素の1つです。 豊かな湖、広大な草原、新緑に紅葉と様々な顔を見せてくれる大森林、雄大なロッキー山脈など、変化に富んだ大自然は、アウトドアライフを愛する人にとっては夢のようなフィールドです。爽やかで過ごしやすい夏、長く寒さの厳しい冬、美しく穏やかな春と秋、この美しい四季の中で、キャンプ、カヌー、釣り、スキー、スケートなどのアウトドア・スポーツを気軽に体験できるのもカナダの大きな魅力です。
  3. カナダで習い事
    ワーキングホリデーの楽しみ方は英語学習、仕事、旅行だけではありません!自分が興味がある事、好きな事、得意な事を英語で習う事で楽しく英語学習ができ、さらに身に付きやすくなる事でしょう。また、プログラム修了後にCertificateが取れるコースも多いのです。習い事を通して英語学習が出来れば更にカナダ生活が充実する事でしょう。
    フラワーアレンジメントや料理教室が大人気です。

カナダ生活を楽しむ事重視の方の参考予算

費用 収入
滞在費 $1,050
$5,500
ホームステイ:1カ月 (4週間)
ルームシェア:11ヶ月 (月$500)
学費 $3,900 語学学校のESLコース:3ヶ月
食費 $4,400 外食中心の場合 (月$400 × 11ヶ月)
交通費 $1,662.6 月々$138.55 (メトロパス)
携帯 $780 月$65
収入 $3,000 月$500の収入×6ヶ月の場合
合計 $14,292.6 約122万9100円 ※CAD$1=86円

上記料金はあくまでも目安となりますのでご参考までにお願い致します。(メトロパスは2019年4月現在の料金です)

ワーキングホリデーで渡航をお考えの方はお気軽に弊社までお問い合わせ下さい。

さっそく問い合わせてみる
 

上に戻る