【IT留学】なぜ今トロントでITを学ぶべきなのか?

トロントでITを学ぶ7つのメリット

パソコンを使う女性

前回の『ITという業界から見たトロント』でご紹介した通り、トロントでは今IT熱が強まっています。そんなトロントでIT業界で働くだけではなく、学ぶメリットとは何なのか?なぜ今トロントなのか?分かりやすくアメリカとの比較もしながら、ご案内していきます。
前回のIT留学のブログはこちらをクリック→『ITという業界からみたトロント』のページ

 

1.AI(人口知能)産業の聖地である

既述の通り、トロントは『AIの聖地』と呼ばれ、その所以となった研究者が在籍するトロント大学をはじめ多くの研究室や優秀な人材が集まっています。その為一流の施設が整い、最先端の研究を行っています。また周りの研究者のレベルが高い事から、刺激を沢山受けられる環境に身を置く事が出来ます。

AI

2.シリコンバレーから多くのIT企業が移転して来た

『北のシリコンバレー』と呼ばれるまでになったトロントには、多くのIT企業の開発部門がアメリカのシリコンバレーから移転して来ています。IT企業が多いという事はすなわち、人材が必要になるという事です。また人材が必要という事は、教育の場を整えて人材を生み出していかなければならない、という事になります。元々教育水準が世界的に見て高いカナダですが、ITプログラムは最近特に多くの公立、私立カレッジが、質のいいITのプログラムを提供しています。

 

3.アメリカに比べると留学に関するリスクが低い

留学するという事は、自国ではない国に住まなければいけません。その為にはビザが必要になってきます。アメリカは人気の留学先である事は間違いありませんが、最近では留学に必要な学生ビザであっても、かなり取得が困難という事をご存知でしょうか?申請が却下になっただけでなく、数年アメリカに入国が出来なくなってしまった方からの相談を受ける事もあります。それに比べて、カナダは2020年6月現在、日本人の学生ビザの申請はカナダ政府に認定されている学校への申込、支払いを行い、提出書類を揃え、間違いのない手順で行えば特に取得が難しい事はありません。(一般的にという事で、必ず全ての方に許可が下りるという保証はありません。)しっかりと学校やビザ申請のリサーチを行ったのに、ビザが下りず留学を諦めざるを得なくなったというのでは、時間もお金も無駄になってしまいます。カナダではそういったリスクがかなり低いので安心です。また大都市であるにも関わらず治安も比較的よく、安全に留学生活を送る事が出来るのもトロントの魅力の一つです。

トロントの街並み

4.移民につなげやすい

ビザの話にも関連しますが、現在のアメリカ政権は移民の受け入れを奨励していません。その為、残念ながら折角アメリカで勉強をしても、その後アメリカで職に就く為の就労ビザを得たり、移民をする事が大変困難な状況にあります。一方カナダでは、公立の大学もしくはカレッジを卒業する事で、最高3年間の就労ビザを得る事が出来ます。この期間に条件を満たした職に就く事で、移民の道も拓けるようになっています。

 

5.現地で働きながら学ぶ事が可能

カナダの公立もしくは私立カレッジ・大学に通っていれば、週20時間まで、また学校が定める休暇中は週40時間までの労働が許可されています。また最近人気がある私立カレッジの留学、Co-op留学(コープ留学)を選択すれば、学校で知識を学び、その後インターンシップを行う事が出来ます。学校で学んだ分野のスキルを活かせる実習先で仕事を経験する事が出来るので、卒業時には知識のみならず経験まで身につける事が可能です。また、留学の期間を通して仕事ができる為、留学資金の節約にもなります。

インターンシップ

6.多国籍な留学生と共に学ぶ事が出来る

カナダには世界各国からの留学生が集まっています。特にトロントは大都市ですので、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、中東と世界各国から留学生が高い水準の教育を求めて集まってきます。IT業界も例外なく多国籍なクラスメイトと一緒に学ぶ事が出来ます。IT業界でどの国でも共通の用語を使用しています。その為仕事をしていく中で、世界各国の人とコミュニケーションをとる機会も多くあり、世界共通語の英語で学んでいくことは非常に有利になります。カナダで学んだ学生は、卒業後にカナダに残る人もいますが、自国に帰って就職したり、他の国で働き始める人もいます。こうして同じ業界で働いている人のコネクションが、世界中に出来あがります。最近では特にIT業界は国境が無い働き方が出来るようになってきています。こういったコネクションを世界に持つ事が出来るのも、大きなアドバンテージとなる事は間違いありません。

多国籍な留学生

IT教育環境と留学や移民の環境が整うトロント

いかがでしたか?トロントには現在、誰もが名前を聞いたことのあるマイクロソフトやインテルなどを始めるとする、大手企業の開発部門が多く移転して来ています。そして偉大な研究者が集まる環境が整っている事から、ITの教育環境も日々進化をしています。また、留学生にとっては教育環境と共に大切な留学の環境も整っています。トロントは安全で差別も少なく、そしてしっかりと勉強をし、就職をすれば移民が見えてくるという開かれた環境に身を置けるというのも、トロントで勉強するポイントと言えるのではないでしょうか。

 

IT留学についてのご相談はお気軽にアクティベイト留学センターにお問合せ下さい。→お問合せページ

上に戻る