【カナダ・トロント留学】カナダ在住カウンセラーイチオシ・冬の必須アイテム

初めてのカナダ留学。トロントの冬、コートは?ブーツは?どんな物がおススメ?

2020年3月以降2回目の非常事態宣言が出され、外出禁止となっているトロント。(2021年1月現在)

生活に不可欠な理由以外での外出は禁止されています。

しかし、散歩や外の空気を吸うなど、健康を維持する為の適度な運動での外出は許可されています。

piyo

トロントの冬は寒いよね!外出の時はどんな服装をすればいいの?

activ8staff

確かに冬は寒いですね。でもコートやブーツなどトロントの冬に合わせた物を選べば大丈夫!

TTC

 

冬ってどの位寒いの?

「カナダの冬は寒い」とよく言われますが、国土が広いカナダは西部と東部で冬の気候は全く違います

留学先として人気のトロントとバンクーバーを比べてみましょう

バンクーバー:カナダ西部に位置するバンクーバーは他の都市の冬に比べ温暖。

12月、1月の平均最高気温6度。最低気温は-1から0度。東京と同じくらい。冬は雨が多い。

トロント:カナダ東部に位置するトロントの冬はマイナス20度になる事も。

早ければ10月から、遅い時は4月でも雪がチラつく事がある。

piyo

比べてみると同じカナダ国内でも全然違うね!

activ8staff

ですよね。長いトロントの冬ですが、防寒対策をしておけば外出も問題無しです!

 

豆知識:実際の気温と体感温度天気予報で表示される気温は2種類。実気温と体感温度があります。
体感温度:
文字通り肌で感じる気温の事。天気予報では「Windchill」「Feels like」と表現されます。
体感温度は湿度や風の影響によって実際の気温とは異なる場合が多いです。
お出かけの際は体感温度もチェックしましょう。

weather_image

 

コレでトロントの冬も怖くない!マストアイテム

トロントに住む人達は冬だからと言ってずーーーっと家で過ごしている訳ではありません

冬でも散歩、そり滑り、スケート、などなど屋外でのアクティビティーを楽しむ人は多いです。

雪が降ろうが積もろうが、稀に自転車に乗る人や、歩道をスキーで移動する強者も見かけます。。。笑

しっかりしたジャケット、スノーブーツ、この2大アイテムがあればトロントの冬は怖くありません!

 

ジャケット選びのポイント

・お尻まで隠れる丈のもの:お尻が出てると寒い

・耐寒温度をチェック:何度まで対応出来るか、ウェブサイトなどに記載がある事が多い

・防水、または水に強い:雪や雨を弾くのもがおススメ

・フード付がついている:頭も防寒

・フードにファーが付いている:ファーが顔にかかる雪を防ぐ。決して飾りだけという訳ではない。

では、トロントで人気のブランドを見ていきましょう。

 

人気ブランド ~ジャケット編~

 ■ Canada Goose (カナダグース)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Canada Goose(@canadagoose)がシェアした投稿


日本でも人気のカナダグース

1975年にトロントで誕生したブランドで、オーロラツアーでも貸出されるほど暖かさはお墨付きですが、

お値段は10万円前後と結構高額です。

気候変動で突然訪れた氷河期でのパニックを描いたのハリウッド映画、「デイ・アフター・トゥモロー」で主人公が着ていたのもカナダグース

さすが、”世界一暖かいダウンジャケット”と自負するダウンメーカーです。

トロントでも着ている人を沢山見かけます。

Canada Goose公式サイト
https://www.canadagoose.com/

 

 ■ Nobis (ノービス)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Nobis(@nobis)がシェアした投稿


元カナダグースの副社長によって2007年に立ち上げられたカナダのブランド。

カナダグース時代に培ったノウハウを生かして高品質、高機能、高いデザイン性、全てを兼ね備えたダウンジャケットとして作られたのがNobisです。

もしかするとトロントでは密かにカナダグースよりNobisの方が人気かも?

人と被りたくない人はNobisが狙い目です。

Nobis公式サイト
https://nobis.com/

 

 ■ Mackage (マッカージュ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Mackage(@mackage)がシェアした投稿


1999年にモントリオールで誕生したブランドです。

モントリオールの冬も寒さが厳しいので、暖かさはカナダグースにも負けず劣らずです。

上品なデザインのものが多く、キレイ目ファッションを好む人が多く着ている印象です。

こちらもお値段は10万円前後と高額ですが、軽くて暖かいので人気です。

Mackage公式サイト
https://www.mackage.com/ca/en

 

 ■ TNA (ティーエヌエー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Aritzia(@aritzia)がシェアした投稿


1984年にバンクーバーで誕生したファッションメーカー「Aritzia:アリツィア」が手掛けるブランドです。

カジュアルからちょいキレイ目まで様々なデザインがあり、300ドル前後のお値段も魅力的

お値段は手頃でもしっかりとした作りで耐寒温度もマイナス30度と防寒はバッチリです!

カナダだけでなくアメリカでも人気のブランドです。

Aririzia-TNA公式サイト
https://www.aritzia.com/en/brands/tna

 

 ■ MEC : Mountain Equipment Co-op (メック)

 

この投稿をInstagramで見る

 

MEC(@mec)がシェアした投稿


1971年、バンクーバー発祥のアウトドアギア、キャンプ用品、スポーツ用品を扱うメーカーです。

キャンプ用品を扱うだけあって、機能性に優れたアウトドア用の衣類の品質もお墨付きです。

値段も200ドル前後からとお手頃なのが嬉しいところです。

ただし、MECで買い物をするには$5を払ってメンバーになる必要があります

MEC公式サイト
https://www.mec.ca/en/

 

この他にもThe North FaceやColombiaなど暖かさと機能性に定評のある有名ブランドOld Navyなどのプチプラブランドなど、カナダで買えるジャケットは沢山あります。

防寒性に優れている物が多いので、ジャケットの下は結構薄着だったりします。逆に着過ぎると暑い。。。

中にはダウンジャケットの下はTシャツ1枚!という人も・・・

是非ご自身のお気に入りを見つけて下さいね!

piyo

こうして見てみるとカナダ発祥のメーカー、ブランドって沢山あるんだね!

activ8staff

そうですねー!この他に値段も手ごろな物が沢山ありますので、冬の必須アイテムは日本で買って来るよりもカナダで買いそろえる方が良いと思います。

 

スノーブーツ選びのポイント

ジャケットの他にも揃えて欲しいのがスノーブーツ!

ムートンブーツは暖かいですが、防水では無いので雪が降るとアウトです。

オシャレは足元から!そして冷えも足元からです!

・防水性である:道路に撒かれる塩に負けないよう靴底とつま先部分はゴム製がおススメ

・靴底が滑りにくいデザイン:雪道で滑りにくいよう靴底の溝は深めが良い

・ふくらはぎくらいまでの丈:これならウッカリ新雪にハマっても大丈夫

・暖かくて蒸れにくい:暖かさはもちろん、蒸れにくいと長時間履いていても快適

・サイドにジッパーがある:シッパーがあれば毎回の着脱が楽ちん

人気のメーカ―の物はどれも$100から$200とお値段も高めですが、やっぱりスノーブーツは必需品

これがあるのと無いのとでは雪道での快適度が全然違います

 

人気ブランド ~スノーブーツ編~

 ■ SOREL (ソレル)

 

この投稿をInstagramで見る

 

SOREL(@sorelfootwear)がシェアした投稿


1962年にトロントで誕生した、スノーブーツの定番、SOREL!

コレを買っておけば間違いナシと言っても過言ではないくらい「ザ・定番」です。

防水性に優れ、暖かく、長持ちする、ちょっとゴツ目のデザインが目を引く人気ブランドです。

冬の間は、SORELを履いている人を必ずどこかで見かけます。

SOREL公式サイト
https://www.sorelfootwear.ca/

 

 ■ KAMIK (カミック)

 

この投稿をInstagramで見る

 

Kamik(@kamikofficial)がシェアした投稿


こちらもカナダの定番ブーツメーカです。創業はなんと1898年! 老舗~。

機能性、暖かさは抜群です。

ブーツの他にも別途ライナーだけ買えるので、ブーツと組み合わせて更に暖かさをアップ出来ます。

KAMIK公式サイト
https://www.kamik.com/

 

 ■ Pajar (パジャー)

 

この投稿をInstagramで見る

 

PAJAR CANADA(@pajarcanada)がシェアした投稿


もともと靴のメーカーとしてモントリオールで誕生したPajar

今ではシューズだけでなくジャケットも大人気です。

スノーブーツはマイナス40度にも耐えられる程暖かく作られています

寒くてもオシャレを諦めたくない人に人気なだけあって、色々なデザインが展開されています

Pajar公式サイト
https://ca.pajar.com/

 

 ■ UGG (アグ)

 

この投稿をInstagramで見る

 

UGG®(@ugg)がシェアした投稿


言わずと知れたムートンブーツが大人気のUGG

サーファーの足を暖める為に誕生したオーストラリアのブランドUGGですが、カナダではスノーブーツも人気です!

ムートンレイヤーで暖かく、丈の長さも豊富な種類から選べます

UGG公式サイト
https://www.ugg.com/on/demandware.store/Sites-UGG-CA-Site/en_CA/Home-Show

 

 ■ Cougar (クーガー)

Cougar_boots

オンタリオの靴メーカーCougar。

SORELやUGGに比べて履いている人は少ないですが、人と被らないという意味では◎(二重丸)!

暖かくて軽く、デザインもゴツい感じがしないので雪の日だけでなく街歩きにもおススメです。

COUGAR公式サイト
https://www.cougarshoes.com/

 

この他にWinnersやMarshallsなどではもう少しリーズナブルな値段でスノーブーツが買えますよ。

ワンシーズンだけ履ければOKという場合はこういうお店もチェックしてみましょう!

Winners公式サイト
https://www.winners.ca/en

Marshalls公式サイト
https://www.marshalls.ca/en

Sakae1

 

まとめ

長くて厳しいトロントの冬ですが、適切な服装、持ち物さえ揃えれば怖くないですよ。

ジャケットやスノーブーツの他にもニット帽、手袋、マフラーをプラスすれば寒さ対策は万全です!

なにしろカナダで一番人口が多いのはトロント!みんな元気に暮らしていますからアナタも心配無用です。

寒さを怖がらず楽しくトロントの冬を過ごしましょう~!

留学の素朴な疑問、現地情報などお気軽にお問い合わせ下さいね。

無料相談LINE相談

メルマガ登録

留学費用を抑えるコツ、学費の割引プロモーション情報、カナダ現地の情報、留学やワーホリについて学ぶイベント情報などを不定期でお送り致します。

お名前:
お名前(ローマ字)*
メールアドレス*

※携帯以外でのアドレスをご記入ください。
個人情報利用規約に同意する:*
同意する

上に戻る