【公立カレッジ留学】移民も狙える!公立カレッジへの進学の方法

意外とシンプル!移民を目指す人に絶対おススメの公立カレッジへの道

カレッジライフ

ここ数年で日本の方から「カナダに移民をしたいのですが、どうしたらいいですか?」というご相談をよく頂きます。弊社はビザコンサルタント会社でない為、ビザ書類のご説明等は行えませんが、まず移民申請の権利を得るお手伝いをする為に、「公立カレッジへの進学」をお勧めいたします。その理由は大きく分けて次の2つです。『1.カレッジの教育が移民申請の際に必要なポイントとして加算される』『2.カレッジ終了後に最長3年間の就労ビザの申請が可能』今回このブログ内ではこの2つの理由に関してご説明はいたしませんが、この2つは移民にとって重要な役割を果たします。本ブログ内では、そんな移民に近づける公立カレッジの基礎情報とそのお申込みについてご案内していきます!
カレッジ留学ページも併せてご参照ください。
※※カレッジでの就学中・カレッジ卒業後の働けるビザに関しては、カナダの留学生はバイトが出来るってホント?!をご参照ください。

 

●そもそも公立カレッジってなに?

カナダの公立カレッジ(以下カレッジ)はコミュニティーカレッジ(community college)と呼ばれ、日本の専門学校や短期大学と同じような位置づけです。一部例外はありますが2~3年間のプログラムが多く、やりたい仕事に直結するスキルを習得したい方の高校を卒業した後の進路としての選択肢の一つです。また、カナダでは就職や子育てなどをした後に、新しいキャリアや現在持っているスキルのステップアップの為にカレッジに通う方も珍しくありません。

大学のプログラムは講義を聞いたり、レポートを書くなどの知識を身につけることを目的にするのに対して、カレッジでは就職を目標として専門スキルを身につける、Co-op(インターンシップ)などが付いた職業訓練プログラムが多い傾向にあります

プログラムの開始時期は9月、1月、5月(5月開始のプログラムは少ない)で、開始時期によって開講しているプログラムとしていないプログラムがある為、自分の専攻したいプログラムがいつ開講しているかの確認が重要です。1セメスター(学期)は約4か月です。

カレッジライフ

●カレッジ進学条件、必要書類について

各カレッジには200を超えるプログラムがあります。それぞれのプログラムで特別な入学条件が定められているものもありますが、今回は一番基本的な条件と必要書類についてご案内していきます。

※条件や必要書類については、常に変更がある可能性がありますのでこちらを参考にしていただいた上で、弊社まで最新情報をお問合せ下さい。

条件1
高校を卒業している、大検を持っている、もしくは19歳以上である。
※高校卒業、もしくは大検をお持ちでない19歳の方は、カレッジにて英語や数学の入学テストを受ける必要があります。
※※カレッジにより大検を受け付けていない場合もあります。

●条件2
カレッジのプログラムが定める英語レベルに達している。
こちらは下記で詳しくご説明します。
※条件の中には数学が必要だったり、化学や生物学が必要なものもある。

英語習得

必要書類1
英文の高校の卒業証明書

※プログラムによっては大学のものが必要です。

必要書類2
英文の高校の成績証明書

日本の高校卒業後5年が経つと、成績証明書を破棄することになっているようで、多くの高校では成績証明書の発行が出来なくなっています。
発行が行えない場合は代わりに英文の単位取得証明書を取得して下さい。
※プログラムによっては大学のものが必要です。

必要書類3
パスポートの顔写真のページ

申込

●英語力の証明方法について詳しく説明

1.IELTSやTOEFL、学校によってはTOEIC、英検、Duolingoなどの一定のスコアを得る。

IELTSの場合:総合6.0以上/各スキル5.5以上

TOEFLの場合:iBT 80以上/各スキル20以上

良い点:自分で勉強をすることもできる為、テスト料金以外は費用があまりかからない。

悪い点:テストが難関、モチベーションの維持が難しい、テスト料金が高い

※一般のPost -secondaryの2年プログラムにおけるスコアです。プログラムによっては更に高いスコアを求められます。

テスト

2.アドミッションテストに合格する。

カレッジが実施している入学試験を受験することが出来ます。最近ではこの試験を実施していないカレッジも増えてきています。

良い点:受験料が安い。IELTSやTOEFLと比べると、合格しやすい。

悪い点:ある一定の期間で1回しか受けることが出来ない。学校での実施になる為、日本から受験が出来ない。

 

3.語学学校のカレッジ進学プログラム

希望するカレッジと提携のある語学学校が提供しているカレッジ進学プログラムを修了する。

良い点:語学学校の決まったカリキュラムに沿って勉強できるため、サポートが受けられる。

プログラム修了前であっても、カレッジに暫定の申込を行うことが出来る。(席を確保しておくことが出来る。)

悪い点:授業料が高い。決められたプログラム期間を終了する必要がある為、時間がかかる。

授業

4.カレッジのESLプログラムを受講する

カレッジ付属のESL(英語プログラム)の受講をし、一定のレベルを修了する。

良い点:カレッジの施設の利用が出来る。上級レベルでは英語プログラムを受講しながら、カレッジの単位を取ることも可能。修了前に本科プログラムに暫定の申し込みを行うことがが出来る。(席を確保しておくことが出来る。)

悪い点:授業料が高い。1レベルが7~8週間と時間がかかる。

カレッジ授業

●おススメのカレッジ進学プログラム

ESC

ESCロゴ

カレッジ進学プログラムと言えばここ!!という程、有名で質の良いカレッジ進学プログラム、UCTP(University College Transfer Program)を持つ中規模語学学校。プログラムの質は勿論、カレッジや大学との繋がりも強く、常に最新かつ正確な情報を持つ学校の為、安心して進学の相談が可能。

 

Quest

Quest logo

提携校は少ないながらも、独自の奨学金制度なども持っているユニークな学校。オンラインのカレッジ進学プログラムAPPは通学型と同じ質の授業をなんと半額で受講が出来ます

 

ILAC

ILAC

カナダ内外の多くの大学、カレッジとの提携を持つカナダ最大級の語学学校。進学希望者のサポートをする専門チームがあり、相談をすることで学習プランから学校選び、申請までのサポートを行ってくれます。提携のある大学、カレッジへの見学ツアーなどの企画もあり、進学前により詳しく各カレッジ、大学のことを知ることが出来ます。

 

無料お見積もりはこちらからご連絡下さい。→お問合せページ

 

●申し込み時期について

プログラムによって留学生枠が願書受付開始からすぐに埋まってしまいます。できるだけ早いお申込みがお勧めです。

9月の入学を希望→12月頃までに申し込みがおススメ
1月の入学を希望→3月頃までに申し込みがおススメ
5月の入学を希望→10月頃までにお申込みがおススメ

 

●カレッジの出願準備は難しくないが、余裕を持った計画が大切

いかがでしたか?海外のカレッジに進学することは非常に難しいように思いますが、申し込みにあたり準備するものは非常にシンプルなんです!しかし、希望入学時期に応じて、英語条件を達成する時期、申請の時期、ビザの申請の時期など、それぞれの期限を考えて逆算していく必要があります。この計画を間違えてしまうと、1年待たなければいけなくなったりと、結構厄介です。アクティベイト留学センターはこれまでも沢山の生徒さんのカレッジ進学のサポートをしてきました。無料で留学の計画や入学のお手続きのお手伝いを行っておりますので、まずはお気軽にお問合せ下さい。

上に戻る