【Co-op留学】カナダ留学体験談・現役留学生をリポート -気になるオンライン受講についても!-

2020年5月6日に開催したインスタライブでは、今人気のCo-op(コープ)プログラムを受講中のKaedeさんを、日本在住のカウンセラーMarinaがリポートしました!
Kaedeさんは、今年1月にトロントに渡航後、Toronto School of ManagementのCo-opプログラム “Diploma in Hospitality and Tourism Management Co-op”を受講開始し、現在は日本でオンライン受講を続行しています。

Co-opリポートイメージ

★フルバージョンは弊社のインスタグラムのIGTVにてご覧頂けます!→アクティベイト留学センターのインスタグラム

★日本在住カウンセラーMarinaの説明会・カウンセリング予約は【トロント留学説明会】ページよりお願い致します。

1.入学するまでの経緯

●プログラムを選んだ理由は?

最終的な目標が「海外に住んでみたい」。でも住む為には仕事をしないといけない、何の仕事をするかと考えた時に、ホテルやツーリズムの仕事が自分に合っているのではないかと考えました。
海外に行ったら、日本語を話せる事が武器になるので、それプラス自分の英語を向上させるために一番向いていると思いました。

(Kaedeさんは、高校の時にアメリカに留学していた事がきっかけで、海外に住みたいと思うようになったそうです。)

●アクティベイト留学センターのカウンセリングはいかがでしたか?

トロントは大きい都市なので、選択肢が沢山ありすぎる。ネットで調べても沢山出てくるし、その中で助けなしに自分の希望に合った学校を探すのは難しかったと思います。なのでカウンセリングをしてもらって、希望に沿った学校を選ぶ事が出来て良かったです

Co-opリポートイメージ

●カレッジ入学のためのオンラインテストはどうでした?

最初のオンラインテストは解いていくほど問題の難易度が上がっていく内容でした。高校の時にTOEICの補修や英語に特化したクラスを取っていたのもあり、基礎的な文法の問題が多かったので、私にとってはそこまでは難しくなかったです。

ただ、インタビューは難しかったです。インタビュアーがラテン系の訛りのある方で、私はそういうアクセントのある方と英語で話したことが無かったので、聴き取れなくて何回か聞き返したりしました。

問題の内容は、私の事や私の友達について説明して、という内容だったのが、最終的には、環境の事、政治の事とか、難しい事を聞かれたりしました。英語で勉強した事が無い話題だったので難しかったです。「よく分からない」と言うしかなかったですが、そこで、「自分はよく分からない」という意思を伝える事ができたのはプラスにはなったみたいです。

(インタビューは、電話で15-20分程の長さだったそうです!)

●英語の勉強方法教えて!

アメリカへ行く前は、学校の授業を受けて自分でそれを復習したりしていませんでした。でも、アメリカに行った事によって耳も慣れて、スピーキング力もライティング力も上がったので、それを落とさないようにする為に、海外のYouTubeを見たり、映画を観たり、英語を話すボランティアに参加したりして、英語に触れるようにしていました

Co-opリポートイメージ

 

2.カレッジの受講が始まってから

●実際の授業の感想を教えてください

思っていた以上に、英語に慣れているクラスメイトが多かったです。英語を教えてくれる授業は一切なく、授業は全て英語で行われていきます。ですが、分からない事があればもちろん教えてくれます。私達が英語が第二言語というのは先生たちも分かっていてくれるので、専門用語などは時間をかけて説明してくれます

経歴がしっかりした先生が揃っていて(カナダで一番と言われるFour Seasonsというホテルでの経験がある方ばかり!)、先生達の経験談を交えながら教えてくれたので、授業を受けるにつれて興味がどんどん出てきて、働くイメージが出来るようになりました

Co-opリポートイメージ

●留学生が多いですか?

そうですね。私の学校の場合は9割が留学生で、1割が現地のカナディアンという感じです。英語の訛りも色々だし、色んな国から集まってるのですごく面白かったです。ブラジル、イタリア、スペイン、フランス、ジャマイカ、南アフリカ、インド、シンガポールと多国籍です。年齢的には上の方が多かったです(Kaedeさんは19歳!)
私のクラスは学校で一番大きいみたいで、全部で30名くらいいます。その中で日本人は3名でした。

Co-opリポートイメージ

●途中で帰国する事になりましたが、その頃にはアルバイトはしてましたか?

(Co-opプログラム受講生は、学校に行きながら週20週間働く事が出来るのです!)
2月頃から新しくオープンするレストランでのアルバイトが決まっていました。カナダではSmart Serveという資格がないとサーバーになれません。まずはキッチンに入って、資格取得後にはサーバーになりたいという話をして、どちらでも働ける人がいるのはお店にとっても良いとい事で採用して頂けました。

でも、3月の新型コロナウイルス感染症拡大防止の為の緊急事態宣言によりお店の経営がテイクアウトのみになってしまい、お店自体も新しかったのもあり、テイクアウトを出来る準備も全くしていなかった…。お仕事は無いけど、賄いは食べに来て、と言って下さって、週に1-2回お店へ食べさせてもらいに行っていました。こんな風に私達の事を気にかけて下さったのはとてもありがたかったです。

Co-opリポートイメージ

●帰国するまでの経緯は?

元々、学校の授業が4月からオンライン授業に切り替わる事にはなって、先生達も私達も初めてだったので、最初の1-2日くらいは、どういうやり方が良いか、みんなでアイデアを出し合ったりしながらやっていました。パワーポイントを使った授業が多かったので、それをスクリーンにシェアして授業を受けるという感じでした(Zoomです)。

レストランなどが全部テイクアウトのみになってから1ヶ月経った頃、4月半ばくらいには帰国を考え始めました。現地のアクティベイト留学センターのオフィスに相談して、公立の高校などは9月から開講するという話になっている為、私立の学校もそれくらいまではオンライン授業が続く可能性があるという事を聞きました。授業は8月で終わるので、帰国して日本でオンラインを受けたほうが気持ち的にも余裕が出来るかなと思い決めました。
現地のオフィスの方は、現地の状況を知っているので、話も分かってくれるし、情報を共有してもらえるのはとてもありがたかったです

 

3.帰国中のオンライン授業について

●オンライン授業を受けるにあたって、時差は問題ないですか?

カナダの9-13時なので、日本だと夜の時間の22時からの夜中の2時位までです。コーヒーを飲みながら眠気と戦ってやっています(笑)。

基本的に授業中に顔は映す事はないんですけど、先生も、授業をしていて誰も画面に顔を映さないと、一人で喋ってる感じになるのがツライみたいで、ずっとじゃなくて良いからたまに顔を映してよーって言っています(笑)。なので、ちょこちょこ顔を出したりしています。

●カナダにインターンシップの為に戻る予定ですが、どの職種やフィールドで考えていますか?

一番興味が無かったんですが、授業を受けた後に一番興味が出たのが、「ホテルのフロントオフィス」。最初はホテル関係は興味が無く働いてみたいと思った事が無かったけれど、話を聞いていると、一番人とコミュニケーションを取れる場所だし、自分の持っている知識を駆使して接客したり、ホテルの売上に直接つながるような仕事ができる部署なので、責任はあるけどやりがいはあると思って。フロントオフィスの中でも会計とか色々ありますけど、どういう仕事が良いのか、仕組みをもう少し勉強したいな、と思っています。

Co-opリポートイメージ

●日本にいる間の授業以外での学校のサポートは?

生徒の相談などを受けるアドバイザーの先生と、Co-op・仕事に関するアドバイザーの先生と、担当が分かれています。生徒関係の先生からは、カナダでは補助金が出たりしていたのでその申請に関する説明をZoomで行います、フィットネスクラスのオンライン講座があるよ、といったお知らせが届き、仕事関係のアドバイザーからはスーパーで求人が出ているよ、という案内などがよく届きます。

(日本にいるからといって、現地の生徒より情報やサポートが少ないという事は無いようです!)

●最後に、Co-op留学を目指している、検討している皆さんへアドバイスやメッセージを!

私自身、元々英語が得意ではなく、好きなところから入っているので言えるのですが興味があればいくらでも伸びると思います!でも、海外に行く、一歩を踏み出すというのは勇気がいります。その一歩を踏み出すには、カナダはすごく良い所だと思います。カルチャーショックを受けにくい所なのかな、と思います。トロントは日本食もありますし、日本人のコミュニティもありますし、自分の中で行き詰った時にうまく使っていったら過ごしやすいんじゃないかな、と思います。

 

ありがとうございました♪

Kaedeさん、沢山お答え頂き本当にありがとうございました!
KaedeさんのCo-op(コープ)留学はまだまだ続きます。今度は、カナダでのインターンシップ体験談をお伺いしたいと思います!
海外生活で培ってきた意思の強さ、前向きに勉強に取り組む姿勢。Kaedeさんの体験談は、今、海外留学すべきかどうか迷っている、何を学ぶべきか悩んでいる、英語力が足りないのではないかと心配している皆様の背中を押してくれたはず!

この後、視聴者の方からのご質問にもお答え頂きました。
質疑応答も含めたフルバージョンを、アクティベイト留学センターのインスタグラムのIGTVにてご覧頂けます!

 

★Co-op(コープ)留学については、【カナダのトロントで学んで働くCo-opプログラム】ページでご案内しています。

★Kaedeさんが通学中のToronto School of Managementのプログラムが今ならかなりお得!
詳しくは、【格安でカナダCo-op留学を申し込むなら今!】をご覧ください。

★Co-op(コープ)留学についての無料Zoomオンライン説明会を2020年7月15日(水)に予定しています。【ご予約フォーム】からご予約ください♪

 

留学カウンセリングをご希望の方はお気軽にお問い合わせください!

上に戻る