【渡航後も安心!】トロントの公共交通機関TTCを徹底解説!

カナダ・トロント留学。渡航前に現地の交通事情をしっかりチェック!

piyo

もうすぐ渡航!楽しみではあるけど、現地でしっかり生活していけるか色々と心配だなぁ。。

activ8staff

大丈夫!今回はトロントの交通事情をしっかり説明します!これで現地についてから通学・外出も怖くなくなります♬

エアポート

コロナの影響もあってようやく念願のカナダ留学!

渡航はとても楽しみだけど、現地についてからの生活が心配・・というお声をたくさんいただきます。

 

今回のブログでは、日々の生活の中でほぼ毎日利用する事になるトロントの交通事情を徹底解説!

 

これを見れば、渡航後安心して外出する事ができるようになるのでぜひチェックしてみてくださいね。

7777

 

1.トロントの公共交通機関「TTC」

トロント市内の移動手段、メインはToronto Transit Commission(トロント交通局)通称「TTC」という会社が運営している乗り物を利用するようになります。

TTCのウェブサイトはコチラから

他にも会社はあるのですが(後述)、留学生活でまず必要になるのはこのTTCの存在です。

 

日本のように利用会社が複数ある訳ではないので非常にシンプル。

まずは基本情報をチェックしてみましょう!

バスイメージ

 

■TTCの基本情報_乗り物

TTCが提供している市内で乗車可能な乗り物は以下の3点です。

 

・地下鉄

・バス

・ストリートカー(路面電車)

 

地下鉄は東西・南北に十字のような路線となっており、地下鉄でカバーされていないエリアをバスが走ってます。

 

ストリートカーは主にトロント市内の中心ダウンタウンエリアで利用ができます。

 

■TTCの基本情報_運賃

2022年2月現在の運賃は以下の通りです。

地下鉄、バス、ストリートカーどの利用でも、乗車運賃は大人で$3.25が基本となっており、現金で払うか・電子カードで払うかで若干の差があります。(電子カードの方がお得)

 

1ヶ月毎に定期券(マンスリーパス)を購入する事もできます。

 

留学中、通学・通勤をはじめ、休みの日の外出などでほぼ毎日TTCを利用する場合はこのマンスリーパスの購入がお勧め。

1ヶ月間はTTCの乗り物であれば、乗り放題になります!

 

■TTC の基本情報_電子カード「PRESTO(プレスト)」

日本でいうSuicaやPASMOのように、カードにお金をチャージして利用できる電子カードが利用できます。

 

一つ前の運賃でも紹介した通り、1回あたりの乗車料金は現金よりも電子カード利用の方が割安となります。

また、マンスリーパスの機能を電子カードに付加する事もできます。

TTC2

利用方法は日本とほぼ同じ!

地下鉄などの改札がある場合は、PRESTOをタップするとゲートが開きます。

バスやストリートカーなど改札がない場合は、必ず乗車時にタップが必要!(降車時は不要)

タップする機械は乗車口付近に必ずあるので、最初のうちは誰かのマネをする感じでチェックしてみてくださいね。

 

2.知っておきたいTTCの乗り換えルール

例えば、地下鉄からストリートカーバスから地下鉄のように乗り換えをする時は少し注意が必要です。

 

PRESTOカードでも現金乗車でも、最初に乗車した時点から2時間以内は乗り換えは自由&無料で行えます。

PRESTOカード利用者はタップする時に乗車情報が記録されるので特に問題ないのですが・・。

現金乗車の場合は、最初に支払いをした時に紙ベースのチケット(切符)を受け取り、乗車中は必ず携行してください。

 

この紙チケットは支払う方法にもよりますが、例えば・・・

 

・バス乗車時、運賃支払い後その場でバスの運転手から手渡しされる

・地下鉄やストリートカー乗車時、改札内又はストリートカー内に設置されている「トランスファー(乗り換え発券機)」で自主的に紙チケットを発行する

 

などがあります。

ttc6

稀にですが、駅の改札内やバス・ストリートカーの降車時等に抜き打ちの運賃チェックが入る事があります。

 

「あ、現金で乗車したけど紙チケットを取るの(貰うの)忘れちゃいました」

 

の言い訳は通用しません。

乗車・乗り換えの証明がその場でできない場合は罰金の対象となりますので、どうぞお気をつけてくださいね!

TTC

 

3.TTC以外の移動方法

トロント市内は基本的にはTTCの利用で事足りてしまいます。

 

しかしトロント市外に出る時や、州を超えて旅行に行きたいという場合は、以下の会社の交通手段も利用可能です。

 

■GO Transit(ゴートランジット)

Go TransitはMETROLINX(メトロリンクス社)によって運営されています。

TTCがトロント市内の公共交通機関だとすると、GO Transitはトロント市を含むオンタリオ州をカバーしています。

(ただ、州は広いので州内の主要な都市とメインのトロント市をつなぐような路線となっています)

activ8staff

私はトロントの隣のオークビル市に住んでいるので、オフィスに通勤する時はこのGO Transitを利用しています!

 

GO Transitの乗り物は電車とバス。

電車は2階建てとなっており、トイレも完備されているなど中長距離移動には非常に快適です。

トロント市内も観光はたくさんできますが、せっかくの留学生活。

連休などがあれば、少し市外に足を運んで色々な景色や人との出会いはとてもよい経験になると思いますよ!

 

■UP Express(アップ/ユーピー エクスプレス)

UP ExpressはGO Transitと同じくMETROLINC社が運営しています。

この電車はトロントの玄関口となるトロント・ピアソン国際空港とトロント市内のメインステーションとなるユニオン駅をつないでいます。

 

空港からユニオン駅まで約25分乗り換えなしで利用できるので非常に便利!

運賃も約12ドル(日本円で約1,200円程度)となっているので、乗車場所によってはウーバーやタクシーよりも安く空港までの行き来をする事ができます。

 

■VIA鉄道

TTCがトロント市内、GO Transitはオンタリオ州を網羅しているとすると、このVIA鉄道はカナダ国内の州や都市をつなぐ鉄道となります。

下記のマップでもわかるように、西はバンクーバー、東はハリファックスまで繋がっています!

トロントからフランス語圏となるモントリオールやケベックシティへもアクセスできるので、車窓からカナダの広大な土地を楽しみながら旅行するのはいかがでしょうか?

 

4.まとめ

いかがでしたでしょうか?

 

カナダ・トロント留学中の移動はこれでばっちり!となっていれば嬉しいです。

 

アクティベイト留学センターでは、語学学校やコープ(Co-op)留学、公立カレッジの学校相談を中心に、カナダ生活の疑問や渡航準備についてなど幅広く相談可能です!

 

些細な事でもカナダ留学について聞きたい事・相談したい事がありましたらお気軽にお問い合わせくださいね。

お問い合わせはコチラから

 

みなさんの留学プラン・渡航準備・現地での生活が、不安なく進んでいくよう、マンツーマン体制でカウンセリングを行います!

Counselling

    無料相談LINE相談

    メルマガ登録

    留学費用を抑えるコツ、学費の割引プロモーション情報、カナダ現地の情報、留学やワーホリについて学ぶイベント情報などを不定期でお送り致します。

    お名前:
    お名前(ローマ字)*
    メールアドレス*

    ※携帯以外でのアドレスをご記入ください。
    個人情報利用規約に同意する:*
    同意する

    上に戻る