【大学留学】カナダ・アメリカ・日本 大学の授業料を比較してみよう!

カナダの大学、授業料はどのくらいかかる?

大学留学ブログイメージ

 『大学留学』と言えば、アメリカを想像する方が多いと思います。

アメリカは大学数が多く教育水準にバラつきがあり、どこの大学も日本と比べると割高です。

対してカナダの大学は数が少ない分、教育水準に大きな差がありません

同様の費用をかけるならば絶対にカナダの大学へ進学する方がお得!


また、カナダの大学では日本の大学に比べて圧倒的に勉強量も多くなります

その為、目的意識を持って学ぶ事が出来、英語力だけではない高い思考力が身に付くのです。

投資した学費に対する効果は高いと言えます!

学生イメージ

このブログでは、カナダ・アメリカ・日本の大学の授業料を比較してみます。

カナダの大学への進学をご検討中の方の参考になれば幸いです。(2019年調べ)

 

■カナダ

カナダのほとんどの大学が州立です。

多くの大学の留学生用授業料:約25,000ドル~31,000ドル/年(2,000,000円~2,480,000円)

<例> Computer Scienceの2021年度の1年間の授業料
トロント大学:$59,300
ヨーク大学:$29,873

※トロント大学は倍の授業料(オンタリオ州の他の大学と比べて飛び抜けて高いんです…!)
※※学部によってかなり授業料が異なる
(1カナダドル=80円で計算)

 

 ★カナダの大学へ進学したい?

カナダの大学へ進学したいと思ったら、まずは以下のブログ記事で情報収集しましょう!

●カナダの大学へ進学する方法① -まずはカナダのカレッジへ進学!

●カナダの大学へ進学する方法② -カナダのハイスクール(高校)からスタート!

●カナダの大学へ進学する方法③ -その他の、【条件付入学】などの方法

●気になる入学制度は? -カナダの大学へ進学したい?まずは入学制度について確認!

●大学とカレッジって何がどう違うの? -同じ教育機関ではない! カナダの大学とカレッジの違いって?

●カナダで大学教育を受けるメリット -カナダの教育水準は世界トップクラス

●留学費用が準備できるか心配? -カナダへの進学費用どうする?奨学金制度まとめ

●トロントの大学生の生活ってどんな感じ? -カナダ・大学進学体験談・現役大学生にインタビュー

 

カナダ大学留学に関して質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください!

graduation image

■アメリカの大学の場合

多くの私立大学の留学生用授業料:約20,000ドル~40,000ドル/年(2,200,000円~4,400,000円)
多くの州立大学の留学生用授業料:約21,000ドル~55,000ドル/年(2,310,000円~6,050,000円)
※学部によってかなり授業料が異なる
(1アメリカドル=110円で計算)

 

■日本の大学の場合

多くの私立大学の授業料:約750,000円~3,000,000円
多くの国公立大学の授業料:約570,000円
※日本の大学は入学金が初年度にかかります。

入学金
私立大学 約280,000円~400,000円
公立大学 約250,000円~1,100,000円

 

日本の国公立大学では専攻によって授業料が異なる事はあまりありませんが、日本の私立大学や北米の大学では専攻によって大きく授業料が異なります。

一般的に文系の学部は授業料が低めで理系の学部特に医療系(獣医学も含む)は授業料が高い傾向にあります。

 

”カナダの大学へ進学” ー 費用対効果はいかに!?

カナダの州立大学の留学生用授業料は、大学や学部にもよりますが、年間およそ200万円~250万円です。

アメリカの大学は、私立か州立かで大きく異なりますが、年間およそ220万円~600万円

日本の国立大学年間およそ57万円私立大学は年間およそ300万円近くになる事も。

大学留学ブログイメージ
実際、アメリカや日本と比べて、カナダの大学に行けば費用が抑えられるというわけでも無さそうです。

それでも、世界的に見ても教育水準の高いカナダで大学に通うというのは大きなアドバンテージ

理由は・・・

●高度な英語力を身に付けられる
●留学生が多いカナダならではの国際競争力を身に付けられる
●世界中にコネクションを作る事が出来る

スクールメイト

入学した後はわりと自由な日本の大学(大学や学部によるとは言え)。

一般的に、学業はそっちのけでサークル活動やアルバイトにいそしみ、実質あまり勉強をしなくても卒業出来てしまうイメージです。

しかし、カナダの大学では、遊ぶ時間が無くなるほど勉強に追われる生活になります。

授業への出席だけでなく、授業中の発言なども重要視される為毎日の予習は欠かせません。

ほぼ毎週実施される課題やエッセイをこなしていくので、ただ授業に出て座っているだけというわけにはいきません。

一日11時間以上勉強をする学生も珍しくないんですよ!

study

また繰り返しになりますが、大学のレベルにバラつきのあるアメリカと比べると、どの大学を選んでも水準の高い教育を受けられるのもカナダの大学の魅力です。

そう考えると、日本やアメリカの大学と比べて授業料はそれほど変わりがないとしても、カナダの大学に進学する事による費用対効果はバツグンと言えるのです♪

 

正規大学留学については【カナダの大学に進学しよう】をご覧ください。

カナダ大学留学に関して質問等ございましたらお気軽にお問い合わせください!

無料相談LINE相談

メルマガ登録

留学費用を抑えるコツ、学費の割引プロモーション情報、カナダ現地の情報、留学やワーホリについて学ぶイベント情報などを不定期でお送り致します。

お名前:
お名前(ローマ字)*
メールアドレス*

※携帯以外でのアドレスをご記入ください。
個人情報利用規約に同意する:*
同意する

上に戻る